2021 SUZUKA

Rd.1 3/14

 

●TT/25位
 

●予選/24位
 

●決勝/20
 

●ランキング外

課題のパッシング、2年目鈴鹿は20位スタート!

 
 3週間前のKTトロフィーでベストラップを大幅に更新し、期待を持って望んだカートレースイン鈴鹿開幕戦。上位でのバトルができるステージまでステップアップを果たし公式予選に臨むも、鈴鹿の壁は厚く28台中25位と出遅れる。予選でもベストラップに1秒も遅いラップしか出ず24位とポジションを上げられない。それでもベストテンを目指し決勝をスタートするも、前車にパッシングを仕掛けることができず金魚の糞状態。フラストレーションが溜まるレースで決勝を終了。上位のトラブル、ペナルティで20位でのゴールとなった。短いインターバルでのRd.2はすぐ。課題を克服しての上位進出を目指す。

Rd.2 4/4

 
●TT/19位
 

●予選/22位
 

●決勝/31
 

●ランキング外

すべてが消えた、1コーナー!

 
 短いインターバルでの開催となった、カートレースイン鈴鹿第2戦。フラストレーションの溜まる開幕戦を終え、課題のパッシングをいかに克服するかにかかった戦い。参加台数も5台増えて、フルグリット手前の33台と膨れ上がり激戦をきわめるクラスとなってきた。公式予選、19番手と気迫ある走りをみせ予選に挑む。タイム差のない中断の戦い、課題のパッシングも決めるも、レース中盤からガス欠症状に見舞われポジションアップを果たせず22位でゴール。体重も増えているため、ウエイトを減らしその分の燃料を積む対策を施す。不安材料を払拭し決勝に挑む。スタートで1台を抜き1コーナーでさらに前を狙う。しかしここでアクシデント、前方で接触スピンしたマシンが目の前に現れ、避けきれず接触しスピンストップ。再スタートするも大幅に遅れ最後尾となり追い上げの展開に。しかしマシンは手負いの状態でペースが上がらず終盤やっと前車に追いつくもそこでチェッカー。中断の激しいバトルでの戦いを楽しみにしていただけに、厳しい結果に終わってしまった。

MOVIE

 
 

RANKING

2021 KART RACE in SUZUKA Cadet Open
RKG Driver Entrant Equipment Rd.1 Rd.2 Rd.3  Point
1 小熊 孝誠  Sukuderia Trentotto KR *22 17   39
2 酒井 龍太郎 ミツサダ PWG RACING PAROLIN 15 *22   37
3 金子 准也 ラムレーシング crocpromotion 17 15   32
4 澤田 龍征 ERS with SACCESS PAROLIN 13  10   23
5 白石 麗 HRS JAPAN PAROLIN 10  8   18
6 石田 馳知 ハラダカートクラブ PAROLIN    13   13
7 白石 庵 HRS JAPAN PAROLIN 8     8
8 藤村 太郎 ハラダカートクラブ KOSMIC 6     6
  石部 壮太郎 SCUDERIA SFIDA birel ART    6   6
10 山代 諭和 チームナガオ KOSMIC 4     4
  鈴木 春風 Team EMATY KR   4   4
12 長谷川 力輝 HIGUCHI Racing team EXPRIT 2     2
  南崎 高志 シナジーリンクス PAROLIN   2   2
14 澤田 賢征 ERS with SACCESS PAROLIN 1     1
  徳岡 大凱 サーティーズレーシング PAROLIN   1   1
               
               
    *PPポイント加算