2022 FLR CUP Rd.2

新時代の幕開けの予感、FLR CUP 第2戦!

 昨年から導入されたウエイトハンディ制により、混沌としたレースに突入する第2戦。梅雨真っ只中にスケジュールされたた大会も、空梅雨の2022年。今回もオールウエザータイヤの出番もないものかと思われた。しかし公式練習の時間になると滝のような雨が降り出し、路面はあっという間のフルウエット状態に。各チーム、初のレイン走行に戸惑いながらの走行が続くと、残り10分タイムトライアルの時間に突入する。トップは初参戦のTeam RUNPAGE with FLR。2番手にはトップ常連のTeam オキツマツダ、3番手には参戦2戦目のTEAM FUNSAIが続く。スタート時には雨も上がり路面は徐々に乾き始める。しかし微妙なコンディションに足元をすくわれるチームが続出。1コーナー先に止まったFLR YOUTHが再スタートできず、1コーナーのイエローフラッグが続く。減速が十分でなく、ゴール後全エントラントが呼ばれ厳重注意となるが、レースはTTポールのRUNPAGEが圧勝でトップチェッカーをうけ、2番手、3番手にはFUNSAI、オキツマツダが入った。リバースグリッドでの決勝がスタート。今回から厳格さされたフライングもなく、12時30分、200分後のチェッカーを目指しきれいなスタートが切られる。序盤はAUTO TECがスタートポジションを活かしトップを快走するも、やはり後方から優勝候補のオキツマツダ、FUNSAI、RUNPAGEが追い上げ、スタートドライバーの交代まで3台によるマッチレースが繰り広げられる。その後はトップがどのチームになるか各チームの作戦が問われることに。常時掲示ボードのトップのオキツマツダだったが、エースドライバー時にニュートリゼーションが入り、後方との差が一気に縮まる。その後はRUNPAGEとのマッチレースとなるが、給油のタイミングを決めたRUNPAGEがトップに立ち、ゴールまで同一周回での走行が続き11秒差でゴール。チーム結成初参戦で見事表彰台の頂点をゲットした。
 

2022 FLR CUP Rd.4

 

 

 

 

 

 

Photos

ENTRY LIST

FLR CUP 2022 Rd.2 6/26
No. エントリー名 WH D① D② D③ D④ D⑤ D⑥
5 おっさんず レーシング 3.0 大橋 一広 白井 利和 平山 覚 河野 幹 山口 慧 -
9 TEAM FUNSAI 2.0 秋山 延弘 鈴木 浬 川村 匡尊 稲葉 圭佑 - -
10 SANKYO Motors feat.KOBATEC
  鈴木 天晴 千葉 翔太 小林 大騎 杉山 よしき - -
12
CSA Racing   横山 徹 満藤 直樹 李 大英 赤澤 宣明  李 強 小島 孝仁
14 TECH Miyazawa WORKS  5.0 佐藤 賢一 鈴木 徹哉 内山 友弥 - - -
19 AUTO TEC WORKS   林 大貴 原田 大輝 藤下 翔平 加茂 尊成 内山 大弥 -
34 Team RUNPAGE with FLR   斉藤 慶 伊藤 楓馬 塩澤 秀宣 野島 卓弥  - -
52 オキツマツダ ガラクタチーム  2.4 まさきパパ  鈴木 靖人  天才イクミー -  - -
66 FLR YOUTH   川村 瑠偉 島田 優作 袴田 結衣 塚本 惟歩生 渡邊 育男  
80 Team オキツマツダ 3.6 まさき 中山さん たいぞーくん      
Enjoy CUP 2022 Rd.2 6/26
No. エントリー名   エントラント シャーシ
19 川井 雄太 小2 FORMATION LAP Racing birel
44 塚本 琉惟 小4 FORMATION LAP Racing Praga
51 朝倉 大虎 小4 Team ADVANTAGE  Kosmic 
         

レギュレーション

2022 Point Ranking

GO ENTRY 9/4 Rd.3