JAF 全日本 西地域

Rd.1 3/21

  
●TT/9位
 
●予選/6位
 
●決勝/8位
 
●ランキング/8

得意の雨も、辛くもポイントダッシュの8位に終わる!

 
 新たなチャレンジの1ページが始まる。昨年度から全日本格式に格上げされたFP-3クラスに松﨑凌平が参戦。地方戦初参戦5年前、いきなりここ琵琶湖開幕戦で優勝。年間2勝を上げチャンピオン争いをした2016年。なし得なかった選手権チャンピオンの称号をかけての再チャレンジ。天気予報は雨予報、5年前のデジャブ再現か舞台は整ってきた。そしてレース当日、時より激しい雨粒を落とす朝からのレインレース。しかしレインタイヤを新調せずにレースに挑んだ結果、朝のフリー走行からグリップ不足を訴え、タイムトライアルも9位と考えていたポジションとは程遠い結果に。予選なんとか希薄の走りで6番手までポジションを上げるも、決勝ではペースが上がらず9位でフィニッシュ。前方でペナルティがあり正式リザルトは8位となるも開幕戦からのスタートダッシュとはならなかった。ポイント獲得が9位までだったため、調子が上がらない中でポイントが獲得できたことは1年を戦い抜いていくためには大きな収穫となった。

Rd.2 4/18

  
●TT/6位
 
●予選/6位
 
●決勝/10位
 
●ランキング/8

Rd.3 5/23

  
●TT/15位
 
●予選/9位
 
●決勝/14位
 
●ランキング/9

厳しい中団の闘いで、13位ゴール!

 
 雨の2戦を終え、思うようにポイント獲得のできずに迎えた第3戦。梅雨まっただなかの開催も、土曜、日曜とドライでのレースとなる。初のドライレースで、本当のポジションが分かる戦いとなるも、TT15位と厳しいポジションでのスタートとなる。予選ではなんとか9位とベストテンでのゴールとなるが、決勝は中団でのバトルなり思うように順位をあげられず14位でゴール。マテリアル的にいっぱいいっぱいの感があり、次戦までにエンジン、シャーシのセッティングを含め見直しが急務となるだろう。

MOVIE

 

RANKING

2021 JAF 全日本選手権 西地区 FP-3
RKG Driver Entrant Equipment Rd.1 Rd.2 Rd.3  Point
1 中村 海斗 Formula Blue Team Nagano  TONY KART 8 22 9 25 0 20 84
2 舟橋 弘典  HIRAIPROJECT with ASH KOSMIC 10 25 7 16 0 9 67
3 森岡 真央 Ash KOSMIC 9 0 10 20 1 22 62
4 脇 万葉 TEAM EMATY KOSMIC 4 0 8 22 9 16 59
5 内海 陽翔 シナジーリンクス RED SPEED 6 15 4 13 3 11 52
6 関 優成 TEAMぶるーと   Praga  7 18 2 18 0 6 51
7 佐々木 克行 バリバリバリ ヒストリー  CRG 3 20 6 15 0 0 44
8 高村 宏弥 HIGUCHI RACING TEAM TONY KART - - - - 10 25 35
9 松﨑 凌平 FORMATION LAP Racing  TONY KART 5 13 5 0 2 7 32
10 坂上 真海  AKAGI PLANNING  EXPRIT 0 16 0 12 0 0 28
                     
    *PPポイント加算