2020

MIZUNAMI

Rd.1

 

●TT/3位
 

●予選/7位
 

●決勝/5位
 

●ランキング/5位

激戦の瑞浪SSクラス、開幕戦は5位!

 
 先週の鈴鹿に続きフェスティカ瑞浪でSLカートミーテイングが開幕した。鈴鹿参戦のメンバーがいなかったため、実質FLRの開幕となったこの大会。SSクラスに松﨑翔平が得意の鈴鹿から戦いの場を移し、満を持して参戦した。
 前日の雨の残るコースもSSクラスの時間になるとほぼドライのコンディションとなり、全車ドライでの公式予選が始まる。2番手タイムのままタイムトライアルも残り一周。最後に鈴木に逆転され3番手で予選セカンドローをゲットする。そして予選、スタートでポジションを1つ落とすも早くも1周めの蛸壺でパッシングを仕掛けポジションを奪い返し、最終コーナー手前でもパッシング。勢いそのまま2周目の2コーナーでインをさすと早くもトップに踊り出す。しかしなかなか引き離していけないのがここ瑞浪。数珠つなぎの状態から次々とトップの変わるクリーンなバトルが続く。一度インを刺されると連結列車で大幅にポジションダウンとなる展開。結局予選は7番手、4列目からの決勝スタートとなる。
 決勝フロントローは常連の松下と、先週の鈴鹿に続き2週連続優勝を狙う鈴木の静岡勢。イン側の利を活かしスタートで5位に上がると、決勝でも1周目蛸壺でパッシングを決め4位でスタートラインに戻ってくる。数週後廣瀬に蛸壺のインを刺され5位に後退するも、目の前で廣瀬が3位の落合に4コーナーで乗り上げる。2台はストップしタイムをロスするも3位にポジションアップ。その後ファーステストラップの追い上げで離れたトップ争いの2台を追う。残り4周、セカンドグループの3台が追いつき5台ワンパックの最後の戦いが始まる。最高の結末を期待し残りの周回数をバトルするも、トップに仕掛ける展開にはならず開幕戦は5位でゴール。鈴鹿で毎戦抜群の速さを見せながらノーポイントに終わった昨シーズンの反省から、大人のレースでまとめる結果となった。

MOVIE

 
 

RANKING

2020 FESTiKA MIZUNAMI SL/SS
RKG Driver Entrant Equipment Rd.1 Rd.2 Rd3. Rd.4 Rd.5 Rd.6  Point
1 片桐 涼雅 Team Blute SWF 25           25
2 松下 昌輝 T.OKITSUMAZUDA Powerd by LUCE ALL KART *23           23
3 鈴木 浬 windy birel ART 18           18
4 鈴田 隼士 TEAM KONDO RACING TONY KART 16           16
5 松﨑 翔平 FORMATION LAP Racing Kosmic 15           15
6 関 優成 Team Blute PRAGA 14           14
7 竹村 寛成 UNION Racing Team EXPRIT 13           13
8 中原 蓮人 SKC TONY KART 12           12
9 西山 魁 TEAM Farina TONY KART 11           11
10 伊藤 聖斗 Ash Kosmic 10           10
    *PPポイント(3)加算