ISHINO

Rd.1

 

●TT/5位
 

●予選/4位
 

●決勝/4位
 

●ランキング/4位

デビュー戦は、上出来の4位完走!

 FLRに久々のニューパイロットが誕生した。今年2020年、石野カデットシリーズの参戦を決めた、本田宙(ほんだそら)小学4年生である。昨年夏、初めてレーシングカートにのったまだカート歴半年あまりの本田。ここ石野を主戦場と定め練習を重ねてきた。最初のころこそ毎回練習を重ねるたびにタイムアップしてきたものの、目標の39秒台になかなか入れず最近は伸び悩みの状態だった。それでもレース前日ついに目標タイムをクリア、地道な練習の大事さを知ることとなる。しかしレース当日は、朝から完全フルウエットのコンディション。厳しいデビュー戦を予感させる。
 公式練習、新品のウエットタイヤを装着しコースイン。序盤前の車について行けるペースを発揮。しかし後半他車のようにタイムアップできず、最下位で終了。しかしタイムトライアルではウエットにも徐々に順応し5番手タイムを記録、予選3列目をゲットした。
 しかし予選ではエンジンがなかなかかからず出遅れると、猛ダッシュで隊列を追いかける。なかなかスタートが揃わず、コースオフィシャルもスピードダウンの指示を大きなジェスチャーで送る。すると何を思ったか、その支持をピットインの支持と間違えて車検場に戻ってきてしまう。デビュー戦あるあるではあったが、ここで持ってる男本田宙、なかなかスタートが揃わずずレースは赤旗中断。再び自分の5番手ポジションに戻り予選出走ができることに。そして予選が再開、スタートに出遅れ最後尾まで落ちるもヘビーレインのコンディションにスピンが続出。本人もスピンをしでかすもすかさずコースに復帰。なんとかスタートポジションの5位でゴールした。決勝、上位にペナルティがあり4位セカンドローからのスタート。細かな再セッティングをほどこしたマシンはセカンドグループで戦える状態に。トップ2台が逃げるなか、3位高木の真後ろで表彰台が見える展開に。離されることなく常に前車をロックオン。しかしプッシュを続けるもパスすることはできずそのまま4位でゴール。デビュー戦表彰台の快挙は夢と消えた。しかし終わってみれば決勝はデビュー戦とは思えぬ落ち着いたレース運びで、みごと完走を果たしリザルトを残したことは素晴らしく、表彰式を悔しそうに見つめる目に今後の飛躍を感じさせるデビュー戦となった。

MOVIE

 

RANKING

2020 ISHINO M-SERIES Cadet Open
RKG Driver Entrant Equipment Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6  Point
1 伊藤 煌稀 ATEAM Buzz M.S FA ※23            
2 鈴木 春風 Hojust Racing with Ash TONY KART 15            
3 高木 彪乃介 ATEAM Buzz M.S TONY KART 12            
4 本田 宙 FORAMATION LAP Racing  birel 10            
5 堀 亮太 Ash TONY KART 8            
6 西野 來稀 Ash Maranello 6            
7                    
8                    
9                    
10                    
    *PPポイント加算