2022 ISHINO

Rd.1

 CADET OPEN 

●TT/3位
 

●予選/8位 Movie
 

●決勝/3位 Movie
 

●ランキング/3位

●TT/5位
 

●予選/3位

●決勝/5位

●ランキング/5位

●TT/7位

●予選/6位

●決勝/7位

●ランキング/7位
 SS Junior 

●TT/2位
 

●予選/2位 Movie
 

●決勝/2位 Movie
 

●ランキング/2位

●TT/3位

●予選/3位

●決勝/3位 

●ランキング/3位
 SS 

●TT/PP
 

●予選/2位
 

●決勝/2位 Movie
 

●ランキング/2位

参加全3クラスで表彰台獲得!
スタートダッシュを決めた2022!

 昨年最終戦で過去最多の4台を送り込んだカデットオープンクラス。新シーズンはステップアップ組を除き3台のエントリー。全て初のフル参戦者となり、常連組に対してどれだけのリザルトを残せるかと楽しみなシーズンとなる。タイムトライアルでは、FLRの秘密兵器大川が3位、本田(羽)、塚本(琉)が5位、7位となりとなり、イン側からの予選を戦う。スタートで出遅れた大川は、初参戦の近藤に前に行かれ追い上げの展開に。各所でパッシングを試みるも巧みなライン取りになかなかポジションを取り戻せない。それでも果敢に6コーナーでインを取りヘアピンに向かうも、ラインが交錯し2台は接触。結果サイドから押し出してあいてはスピンコースアウト。ゴール後1周減算のペナルティを受けることに。一方本田は堅実な走りでゴールし決勝3番手スタート、塚本もスタート2コーナーでスピンで最後尾になるも1台をパスしゴールした。そして決勝、ペナルティで最後尾の大川は1周目で3台をパスし上位を目指す。その後予選で因縁の近藤に追いつくと今度は難なくパッシング。チームメイトの本田もパスし3位にポジションを戻すもトップ2台は遥か前方。それでもみごとなダメージリミテーションで開幕戦3位表彰台を獲得した。本田も堅実な走りでポジションを守るも、大川に3位を譲ると後方から追い上げてきた後藤に、最終周12コーナーで抜かれ5位と悔しい結果に。塚本もベストラップを更新し前車に遅れることなくレースをまとめ7位でゴールした。
 今年からの新シリーズSSジュニアに本田(宙)、塚本(惟)の2名が参戦した。10月の鈴鹿SL全国大会を見据え、新しいシャーシ、タイヤへのアジャスト作業をすすめてきた。本田は前日までにシートを変えセットアップを進めると、公式練習ついに37秒台に突入。その後もタイムを縮めタイムトライアルもトップと.2秒遅れの2番手につける。予選でもトップを射程に捉えてのレースとなるがそのままゴール。決勝ではチームメートの塚本にスタートで前に出られるもバックストレートですぐにポジションを取り戻してトップを追う。後半電池切れかトップにプレッシャをかけることができずそのまま2位でゴールするも、前日までとは違うステージにステップアップしたことは証明できた。次回にはトップとの激しいドッグファイトを期待したい。塚本も37秒台にタイムを伸ばし3位完走するも後方での単独走行となり、次戦からの新マテリアルでの戦いに期待する。
 昨年、SL最高カテゴリーSSでの参戦1年目で2度の表彰台を獲得した伊藤は、初戦タイムトライアルでPPを獲得する躍進を見せる。予選では2番手谷との争いとなり、惜しくも2位に後退。ガチンコバトルの予感の決勝を迎える。決勝、不利な2番手でのスタート。アウト側で頑張ってしまって3コーナーで3位に後退。そのまま集団でなだれ込んだ5コーナーで後方での小競り合いのあおりをくらいスピン。すぐにコースに復帰するもブービーの9位までポジションを落とす。万事休すと思われた開幕戦の決勝だったが、ここからがオーバーテイクショーの始まりだった。気持ちを切り替えて走りに集中すると、危なげなく前車を次々とパッシング。9周目には表彰台の3番手までポジションを戻すと、残り2周にはついに2番手を捉え7台抜きで2位表彰台をもぎ取った。諦めることなく獲得したポイントは、長いシーズンにとっては貴重なポイントになるであろう。
 
 出場全クラスでの表彰台獲得となった石野開幕戦。優勝こそなかったものの、ドライバーそれぞれがスキルアップした速さを表現し結果につなげた大会であった。今後他コースでの戦いも始まり、楽しみな1年となることであろう。

Rd.2

 

●TT/5位
 

●予選/5位 Movie
 

●決勝/3位 Movie
 

●ランキング/2位

●TT/4位

●予選/6位

●決勝/6位

●ランキング/5位

●TT/7位

●予選/8位

●決勝/8位

●ランキング/7位

●TT/9位

●予選/7位

●決勝/9位

●ランキング/10位

●TT/3位

●予選/1位 Movie

●決勝/2位 Movie

●ランキング/2位

●TT/6位

●予選/5位 Movie

●決勝/4位 

●ランキング/6位

●TT/7位

●予選/5位 Movie

●決勝/8位 Movie

●ランキング/3位

大川、本田が連続表彰台を獲得!

 参加全カテゴリーで表彰台獲得と好スタートを切ったSL石野シリーズ。カデットに川井、SSSに復帰の村田を加えての総勢7台の参戦となった第2戦。
 カデットクラスにはレギュラーの大川、本田羽、塚本琉惟に加え、Kidsクラスにエントリー予定の川井が緊急参戦。公式練習こそドライタイヤでの走行を終えるも、降り出した雨にタイムトライアルからは完全にウエットに。チームトップは4位の本田、5、7、9位の奇数グリッドに大川、塚本、川井が続く。少し雨脚の弱まった予選では、本田が6位にポジションを落とす。決勝では大川がスタートで3位に上がると、赤池との表彰台をかけた激しい争いが始まる。しかしペースの上回る赤池に合わされると、その差は徐々に広がり万事休す。本田、塚本も順位をあげられず6,8位。初参戦の川井も9位でゴールした。レース後上位者にペナルティが有り、4位でゴールした大川が3位に繰り上がり、連続表彰台をゲットした。
 約丸2年の冬眠から目覚めた村田が、2022年モデルの最新MODELのマテリアルで古巣のSSSに戻ってきた。ドライタイヤでの公式練習では一時トップタイムを記録する速さを見せるも、レインコンディションとなったタイムトライアルでは、3年前の新品レインタイヤがグリップせず6番手と出遅れる。予選で1ポジションを上げ5位でゴールすると、決勝、復帰表彰台をかけ懸命の走りを見せるも一歩及ばず4位でゴール。復帰後の表彰台位はお預けとなった。
前戦、初のSS2位表彰台を獲得した伊藤だったが、初のレインレースでペースが上がらず公式予選を7位で終える。予選では5番手までポジションを上げるも、決勝でもトップにからめるスピードはなく5番手争いに徹する戦いとなる。序盤上位のスピンで4番手が転がり込むと、巧みなコースラインで後続車を抑え続ける。終盤雨脚が弱まると後続者が徐々に追いつき楓馬教室のトレイン状態に。1台パスされ5位に落ちると、最終ラップの9コーナでインを刺されるも、クロスを仕掛け2台はシケイン出口で接触。伊藤だけがスピンし順位は8位までダウンしてゴール。厳しいレインレースとなった。

Rd.3


●TT/4位

●予選/5位 Movie

●決勝/2位 Movie

●ランキング/3位

●TT/4位

●予選/6位 

●決勝/6位 

●ランキング/5位

●TT/9位

●予選/8位 

●決勝/8位 

●ランキング/10位

●TT/8位

●予選/9位 

●決勝/9位 

●ランキング/13位
 

●TT/10位
 

●予選/12位 Movie
 

●決勝/5位 Movie
 

●ランキング/11位
 

●TT/PP
 

●予選/1位 Movie
 

●決勝/1位 Movie
 

●ランキング/1位
 

●TT/5位
 

●予選/3位 Movie
 

●決勝/5位 Movie
 

●ランキング/6位
 

●TT/9位
 

●予選/3位 Movie
 

●決勝/3位 Movie
 

●ランキング/2位

本田宙、SSJ初優勝でRKGトップに躍進!

 今回も8台の大所帯での参戦となったSL石野シリーズ第3戦。
 最多の4人での参戦となったカデットオープンクラスでは、鈴鹿、瑞浪と戦いの場を広げている大川のタイムトライアル4位を筆頭に、本田羽、川井、塚本が5、8、9位と続く。予選では、練習不足からTTを失敗した塚本が1ポジションを上げ、大川、本田は5位争いのチームバトルを大川が制し、川井も9位でゴールした。このままでは終われないRKG2位につける大川は、スタートを決め3位に立つと、とっちらかった予選での反省から、手堅く前車を追い2位に上がる。しかしバトルによりトップに楽なレースをさせてしまいそのまま2位でゴール。RKGも3位に後退した。本田、塚本も予選から順位をあげられず5、8位。川井は10位でゴールした。
 かつてSL全国大会でクラス制覇を成し遂げた鈴木が、MZシニアクラスに参戦した。昨年FLR CUPの耐久レースで復活を遂げ、持ち前のレース魂に火がついたか、スプリントレースへの挑戦となった。初コースの石野と経験不足からかタイムトライアルは13台中10位と出遅れる。しかし予選ではパッシングもきまり順位を上げるも、フライングのペナルティで12位に降格。それでも決勝では徐々にコースにもなれてきたか堅実な走りを続け、まわりアクシデントにも助けられ、5位でゴールした。
 SSJでは、2-2位と表彰台の頂点にあと一歩の本田宙が、ついにTTでトップタイムを叩き出し予選PPを獲得する。しかし予選では得意のスタートが決まらず梶尾にトップの座を明け渡す。その後も序盤についたトップとの差を埋められずそのままゴールするもトップにスタート違反のペナルティがくだり決勝PPが転がり込む。そしてガチンコの決勝が始まる。今度は落ち着いてスタートを決めトップ走行を続けるも、ほとんど持ちタイムの変わらない3台のバトルが続く。落ち着いたレース序盤から、中盤を過ぎると各コーナーでバトルが勃発。抜かれても抜き返す展開のレースが続き、バトルはついに最終ラップに。もちろん1コーナーから2コーナーへのアプローチで仕掛けてきた梶尾と並んで3コーナーへ侵入すると、4コーナー手前で2台は軽くヒット。半分中に浮いた本田だったがなんとか4コーナーを通過。失速した梶尾に河澄が襲いかかり2番手に浮上。3人はそのままの順位でゴールし、本田は3戦目にしてステップアップしたSSジュニアクラスでの初優勝を成し遂げた。
 最新の2022年モデルのTONY KARTを手にしSSSクラスに前戦から復活参戦した村田は、TT5番手から予選では他車のアクシデントに助けられ3位でゴール。決勝では序盤なんとか3位のポイションを守るも、1レース落ちのタイヤがひびいたか徐々にポジションを落とし5位でゴールした。
 SSクラスでは、初優勝をかけ伊藤が参戦。しかしタイムトライアル、ギアトラブルでノータイムの9位に終わる。それでも予選では最後尾からパッシングを連発、表彰台圏内の3位までポジションを回復する。谷の3連覇だけは避けたい決勝。序盤4位までポジションを落とすも、その後は谷、大槻のトップ争いの背後でチャンスを狙う展開に。落ち着いた走りで周回を重ねると、2コーナーで両者がやり合うスキを突いて遂にトップに踊りでる。その後もなんとかポジジョンを守り残り周回数も減っていく。そしてレースは最終ラップに。1コーナーインを抑えめに侵入すると、トップダッシュを狙う後続に2コーナで両側からパッシングをくらいポジションは3番手に。その後は仕掛けるところまで行かずそのままゴール。掴みかけたトップチェッカーは残り1周で消える事になった。
 カデットオープン3位、SSジュニア1位、SS2位と、3クラスでチャンピオンが狙える位置につけている今シーズン。半年後の笑顔のために戦いはさらに激しさを増すだろう。

Rd.4

 

●TT/3位
 

●予選/3位 Movie
 

●決勝/2位 Movie
 

●ランキング/2位

●TT/2位

●予選/4位 

●決勝/5位 

●ランキング/5位

●TT/5位

●予選/7位 

●決勝/7位 

●ランキング/7位

●TT/8位

●予選/8位 

●決勝/8位 

●ランキング/14位
 

●TT/3位
 

●予選/3位 Movie
 

●決勝/2位 Movie
 

●ランキング/3位

●TT/PP

●予選/1位 

●決勝/3位 

●ランキング/2位
 

●TT/4位
 

●予選/5位 Movie
 

●決勝/6位 Movie
 

●ランキング/3位

カデット大川、連続表彰台を獲得!

  ウエットコンディションとなった石野第4戦。ここまで3位、3位、2位でランキング3位につける大川を筆頭に、本田(羽)、塚本(琉)、川井の4名が参加したカデットオープンクラス。タイムトライアルでは本田(羽)が2番手タイムを叩き出し、初の予選フロントローを獲得する。大川も手堅く3番手、塚本、川井が5番手、8番手から予選レースを挑む。予選では序盤本田を交わした大川がトップ高木に果敢に攻め込むも、その後は本田を交わしてきた近藤とのバトルとなり3位、本田、塚本、川井も順位をあげられず4位、7位、8位でゴールとなった。決勝では2番手を狙う大川だったが、2番手の近藤に序盤から離され単独3位、本田は4位を守り、スタートで出遅れた塚本、川井が8位、9位でレースを進める。しかし3周目2番手の近藤が単独スピンでリタイヤ。各車順位を1つ繰り上げてレースを進めるも、最終周、表彰台目前の3位走行中の本田が6コーナーで単独スピンし5番手に後退、大川、塚本、川井は2位、7位、8位でゴールした。
 台数不足も塚本(惟)の緊急参戦により無事開催されたSS Juniorクラス。前戦で1ポイント差でランキングトップに立った本田(宙)は勢いそのままタイムトライアルでトップタイムを記録。ポールポジションからスタートした予選でもトップでゴールしPPポイントを加算。このまま連勝でポイントランキングでもさらに差をつけるチャンスであったがそこはレース、梶尾もストレートスピードの優位を活かし2台は激しくポジションを入れ替えるバトルとなる。すると9コーナーで本田が痛恨のスピン。ここからは2位に上がった塚本がファーステストラップを記録し本田の代わりにトップ梶尾を追い詰める。そしてレースは最終ラップ。2位塚本に追いついた本田は9コーナーでパッシングを試みるも前に出ることはできず、逆に梶尾を逃がすことに。そのまま梶尾、塚本、本田の順でゴールし、本田はランキング2位に後退した。
 フレームを22KOSMICに新調したSS楓馬は、タイムトライアルを4位で終えると、予選で5位とレインコンディションに新型マシンのポテンシャルを開放できず苦戦し、決勝も6位でゴールするにとどまった。

Rd.5

 

●TT/5位
 

●予選/3位 Movie
 

●決勝/3位 Movie
 

●ランキング/2位

●TT/4位

●予選/4位 

●決勝/6位 

●ランキング/5位
 

●TT/2位
 

●予選/2位 Movie
 

●決勝/2位 Movie
 

●ランキング/2位

●TT/4位

●予選/3位 

●決勝/3位 

●ランキング/3位
 

●TT/2位
 

●予選/2位 Movie
 

●決勝/DNF Movie
 

●ランキング/4位

●TT/7位

●予選/4位

●決勝/DNS

●ランキング

大荒れのSSクラス、デビュー新村は不運の決勝DNS!

 1-3-2-2位、シリーズ全戦で表彰台を獲得も高き勝利の壁に阻まれている大川と、前戦自分のミスで掴みかけた表彰台を逃した本田羽が参戦したカデットオープンクラス。勝率100%の高木が参戦した今回も高き壁に挑戦する。公式練習トップタイムの大川に対し、本田は6番手と出遅れる。しかしタイムトライアルでは大川が失速し、5位の本田に大川が6位で続く展開に。予選でもトップ争いに加われない2人は終始抜きつ抜かれてのチーム内バトルの展開となり、大川がバトルを制し4-5位で終える。そして決勝、スタートで近藤に抜かれた本田は懸命の走りもポジジョンを戻すことができず6位で、スタートで3位に立った大川は必死にトップに喰らいつくも、徐々に離される展開に。それでも迫りくる赤池の猛攻をかわし3位を守りゴールし、連続表彰台記録を5と伸ばし、残り2戦に初優勝の夢をかけることになった。
 SS-Jクラスには本田宙、塚本の2名が参戦し、Ash梶尾、河澄と今季初4名でのレースとなる。表彰台を外す1名にならないように、各ドライバーも気合を入れての参戦となる。マシントラブルで公式練習をまともには走れなかった本田だったが、タイムトライアルでは0.095秒差で2番手タイムを刻みマシンへの手応えを掴む。一方4番手と出遅れた塚本には表彰台への黄信号が灯る。予選では1-2の梶尾、本田、3-4の塚本、河澄の2パックの戦いの展開となり、序盤いつでも抜けそうな展開で真後ろからプッシュを続けた本田であったが、後半徐々に離されそのまま2位で、スタートで3番手に上がった塚本も、ホームストレートで一度抜かれ順位を戻どされるも、すかさずバックストレートで抜き返しそのまま3位でゴールした。決勝では、3番手スタートの塚本がセオリーどおりのスタートで2番手に上がるもトップ梶尾からは徐々に離される展開となり、4周目やっと2番手にポジションを戻した本田も、トップとほぼ同ラップの展開でその差はほとんど変わることなくレースは終盤まで続きそのまま2位でゴール。塚本も後続は離すもトップ2台のペースにはついていけず、悔しい走りもなんとか表彰台の一角を守りきり3位でゴールした。
 タイムトライアルでは常勝の谷がマシントラブルでノータイムに終わり最後尾からの予選となるも、スタート直後の大クラッシュに救われ、2番手からスタートした伊藤とのマッチレースを制し貫禄の決勝PPをゲット。練習を重ね初レースにこぎつけた新村が生き残り4位でゴール。2台がリタイヤし6台となった決勝では、スターティンググリッドで新村のマシンに火が入らずDNS。フロントローの伊藤もスタートを失敗し4位までポジションを下げる。たった5台のレース、まだ始まったばかりで逆転するには十分の周回数が残る。過去後方からダメージリミテーションを数々決めてきた伊藤のオーバーテイクショウの始まりかと思いきや、5コーナーで最初の1台のパッシングからの6コーナーの小競り合いで2台は接触。乗り上げて180度スピンした伊藤はチェーンが外れ万事休す。生き残ることが最大の課題のレースでで痛すぎるノーポイント。ゴール後、1台が車検失格となり完走3台の大荒れのレースとなった。